新亜光学工業株式会社が光学業界でトップを走り続けられる理由

新亜光学工業株式会社がトップを走っているのは特許取得実績も理由の1つ

>

費用は掛かるが元は取れるはず

特許申請には費用が掛かる?

特許出願をするにあたり、出願や審査請求に掛かる費用や、特許登録料も特許庁に支払います。約20万円近くの費用が発生するため、これだけでも安くないはず。また、書類作成をする際にできるだけ明確な説明をしたり、記入漏れなどのミスを防ぐための対策を立てたりする時は、弁理士に依頼するのがオススメ。別途手数料が掛かり、特許庁の支払いと合わせても、50万円以上掛かるはず。1つの特許申請には高額な費用が掛かるのが確認できます。ちなみに、権利保持を続ける場合でも、毎年費用が発生します。

新亜光学工業株式会社は、一つひとつの発明や開発に多くの時間と労力を割いている会社です。特許申請には費用が掛かりますが、その分質の高い製品づくりができているため、光学業界の第一線を走り続けている理由なのかもしれません。

費用以上に得られることとは?

特許の申請以外に発明や事務手数料などを含めると、かなりの金額が発生するはず。戦略が思うようにいかず費用回収ができないと、大きな赤字となりかねません。まとまった金額が掛かっても、新亜光学工業株式会社は可能な範囲で特許申請をしている会社です。

特許権があればアイデアが独占可能となり、他所から盗まれるリスクは発生しません。また、光量調整装置をはじめ、アイデア使用をしたい企業が出た時はライセンス料を支払ってもらえます。

他には、新亜光学工業株式会社で働く社員にも1つのモチベーションとして作用します。より良い製品づくりを考える以外に、自分なりに研究や開発をしたいと考えるようになるはず。上手に作用すれば、費用以上に得られることが多いのではないでしょうか。


この記事をシェアする